【風邪】引き始めの症状や治し方について

風邪の引き始め

毎年 風邪にかかっていて熱を出すのが恒例になるほどでした。扁桃腺が弱いのかいつも高熱がでて痰がからみ咳がでてふらふらしながら会社にいっていましたが、休むことができないので なかなか治りませんでした。大体2週間ぐらいたつと平常に戻るののが常でした。

ここでは、風邪の引き始めの症状や治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

風邪の引き始めの症状や治し方は?

風邪の症状

あるときに風邪をひく予兆がありました。寒気があったときに熱い風呂に入り、水分をお腹ががぼがぼになるまで飲んでみました。お風呂では鼻が詰まっていない方からお湯を吸うとむせてしまいますが、鼻の通りがよくなります。そのまますぐに寝るようにしますが、水分を多く取っているので夜中にトイレに行きたくなります。せっかくとった水分が出ていってしまいますが、我慢しないで出すことがコツになります。

水分補給で新陳代謝が良くなるので風邪のウィルスを早く体外に出す効果があると思っています。朝は早く起きて水分を補給しますが、1日2リットル以上飲むことをオススメします。こまめに飲んだ方が風邪にはよいみたいですよ!

引き始めの時の過ごし方は?

風邪の治し方

週末なら一日家でゆっくりしてなるべく動かない方がよいです。寝ている必要は特になく、食事も普段通りでよいですが、刺激物やお菓子を控えているとだんだん体力が回復してくることが実感できます。

また、疲れがたまっていたり、寝不足のときに風邪になりやすい人が多いので、忙しい時や残業が続いているときは無理せず休暇をとりましょう。まだいけると思っていると、いきなり熱がでてくるので自分の体調と相談しながら過ごすことが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加