【夏風邪】子供が高熱のとき、エアコンはNG?正しい対処法はココ

子供の夏風邪

子供が高熱を出すのは、冬の風邪やインフルエンザだけでなく、夏場に高熱の出る夏風邪も対処法が難しい病気のひとつになります。ここでは、症状や対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の夏風邪について

脱水症状 対処法

子供の夏風邪で一般的に最も危険な事は、高熱という症状よりも高熱で身体の水分が失われて『脱水症状』を起こす事が最も危険な事になります。高熱で頭がおかしくなってしまうのではと心配をされるお母さんも多いようですが、子どもの発熱が原因で脳に障害が出る事はありません。脳に何か障害が出るのは、あくまでも脳炎などの特殊な疾患の場合です。

高熱の子供にエアコンはダメ?

エアコンの使い方

夏風邪で子供が高熱を出す事で悩む事のひとつとして、「室温の状態をどのようにするか」という事も対処法として言われますが、エアコンや扇風機の必要性という事で考えれば、必要だというのが本音だと言えます。子供が高熱を出す時の特徴のひとつとして、体温が上昇している時には寒気を感じる事が多くなるので、部屋を無理に冷やす事はありませんが、一度熱がある程度の高熱になると、今度は涼しい環境をつくってあげる事も大切になります。

体内の熱を放出してあげる事が対処法として良い方法になりますので、過度の利用は問題があると思いますが、扇風機やエアコンを利用する事で、空気の循環や室内の温度をある程度は涼しく保つことも重要になります。昔は外からの風や扇風機を弱く使用していれば、室温もそれなりに下げられましたが、現代の環境を考えるとある程度のエアコンの利用という事も必要な事になるといえます。

夏風邪の治し方の注意点

風邪の治し方

この時の注意点としては、子どもが寒がるような一気に室温を落とすのではなく、弱めにエアコンを使用して室温を暑くない状態にして、扇風機も直接風が子供に当たらないようにするのが基本的な使い方になります。

エアコンを使わずに高温多湿の中で、汗をかかせて熱を下げるというような考え方は、熱は更に上がりますし、脱水症状に向かってしまいます。暑がるようであれば無理に布団もかける必要はないので、子供の様子を見ながら対処してあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加