食事で風邪を早く治す方法について

風邪の治し方

めっきり寒くなりましたが、体調を崩しやすく、風邪をひきやすい時期です。風邪といえば、鼻水や咳が出て頭痛や下痢、熱まで上がり、普通の生活の行動するにも辛いですね。

そんなつらい風邪を、少しでも早く回復できる食べ物について調べたのでご紹介します。

スポンサーリンク

風邪を早く治す方法は?

風邪 食事

風邪を早く治すための対処法はいくつかあります。その点で認識しておきたいポイントを3つお伝えします。

①風邪薬に依存しない
風邪薬に頼りきるのはあまりおすすめできません。風邪薬は、「風邪による鼻水・咳・熱」などを抑える作用があります。しかし、治すためのお薬ではありません。「食事が食べられない」、「眠れない」、「鼻や喉などのつらさを緩和したい」ような時は、風邪薬を飲ん和らげることが良いでしょう。それより、一番の治療法は、食事や睡眠をしっかり取り、体を健康的に保つことです。

②風邪のひき始めはビタミンCを摂る
ビタミンCは、風邪の菌に対抗する免疫をサポートしてくれるようです。ビタミンCは摂取してから2~4時間程度で、尿や汗となって排出されてしまうので、数回に分けて摂るのがよいでしょう。その方が、免疫のサポートが持続しますので、風邪の早期治癒につながります。また、ビタミンCを多く含む食べ物・飲み物には、レモン・キウイの果物や、赤・黄ピーマンの野菜などあります。なかなか食事でビタミンCを摂るのが難しいという方は、サプリメントなどもよいでしょう。

③ホッカイロで体を温める
風邪を引いて寒気を感じたら、まず体を温めることが効果的です。特に意識して温めるツボがあります。首を前に倒した時に、首の裏にある一番でっぱった骨の2つ下の骨から、左右それぞれ指2本分外側のあたりです。風邪をひかないための予防策としても効果的です。

風邪を治す食べ物や効果について

さらに、風邪を早く治すための食べ物を、ご紹介します。

風邪薬の副作用

①タンパク質豊富なカリフラワー
風邪をひくと、体力が低下し疲労も溜まりますが、その場合はタンパク質を摂取して、疲労回復することが大事です。その際に力を発揮するのがカリフラワーです。その理由としては、その野菜の中では比較的、タンパク質が多いためです。その効果から、風邪のときにカリフラワーを食べるのが効果的のようです。またカリフラワーは、ビタミンCも豊富です。加熱しても破壊されにくく、温かく煮込んだシチューなどが良いですね。

②体を温めるネギ!
ネギにはアリシンが豊富に入っていて、口、のどの中で繁殖してしまう風邪ウィルスを押さえてくれる効果があります。アリシンは他にも、血行を良くし、汗を出す手助けをしてくれますので、発熱があるときには、汗をかくことで風邪の症状を和らげます。ネギの沢山入った味噌汁を飲むだけでも、身体が温まって効果的です。また、疲労回復の効果があるビタミンB1は、肉類や卵に含まれており、それと一緒にネギを食べるとそのビタミンB1の吸収を高める働きがあるようで、より効果的です。

③ショウガで抗菌
ショウガの匂いや辛みの成分となっている“シンゲロン”には、強い抗菌作用があり、風邪に効果があるようです。風邪をひくと新陳代謝が鈍ってしまうのですが、そんなときは、ショウガがそれを活発にしてくれるようで、さらに自律神経やホルモンのバランスも整えてくれる働きがあるようです。

また、ネギ湯がのどの痛みとかの風邪の症状を抑えるための対処法としておすすめです。レシピは、ネギをみじん切りにして、ショウガはすりおろします。それに味噌を加えて、アルミホイルに乗せてオーブントースターで5分程焼きます。これをカップに入れて、熱湯を注いで出来上がりです。のどが痛いときなど、是非、試してみてくださいね。

ネギ湯の作り方

こうして辛い風邪の対処法を見てみますと、そもそも、体調を崩す原因は栄養のバランスが崩れて、新陳代謝が低下して、体力が低下する、といった日頃の不摂生、疲労の蓄積などが原因のようですね。そのためにも風邪をひいた時の対処して、これらの治療法を施すだけでなく、日頃からのバランスの取れた食事が、特にこの冬の時期は重要ということですね。皆さん、風邪をひいてしまうと辛い思いばかりしますので、是非、日頃の対策を怠りなく!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加